特殊小型免許 2級小型免許 1級小型免許 免許証更新

特殊小型

ジェットスキー(特殊小型操縦士)免許取得のページです

今、最も受講申し込みが多く、人気がある水上オートバイ(ジェットスキー)免許の紹介ページです。

水上オートバイ免許を取得する

どんなことができる?

ジェットスキー(水上オートバイ)を楽しんだり、ウェイクボードのトーイングや、海岸から2海里以内で伊勢湾、三河湾内でツーリングを楽しめます。
平水区域以外(外海)は、沖に向かって2海里以内、右と左に15海里以内となります。

どこでも走れますか?

海岸から2海里(約3.7km)以内です。
伊勢湾や三河湾など平水区域は陸から2海里の範囲で航行できます。
伊良湖水道を超えた外海は、安全に発着できるところから沖に向かって2海里右と左に15海里が航行区域です。
満16歳以上で取得出来ます。

水上オートバイ免許(特殊小型操縦士免許)を取得する国家試験を免除されるコースか、国家試験を受験するコースかをお選びいただきます。

受験コースと免除コースの違いの詳しい説明はこちらから

国家試験免除コース国家試験受験コース

教習時はウエットスーツを無料レンタルします

 

ウエットスーツ無料レンタル今シーズンから、ジェットスキー免許の教習時(国家試験免除コース)は、ウェットスーツをご希望の方は無料でお使いいただけます。

お申込時にサイズをお知らせ下さい。


国家試験免除コース

国家試験免除コースは、教習終了後に修了審査をその場で行います。万一、修了審査に不合格な場合、補習をうけて再度修了試験を受けます。補習や再試験の費用はいただきません。試験に合格するまで責任を持ってサポートさせていただく 安心・確実コースといえます。

必要時間と費用

特殊 免除コース教習必要時間 日数
初めて特殊小型免許を取得する場合 。 教習時間学科6時間と終了審査
実技1.5時間と終了審査
1日半
 既に1級小型免許もしくは2級小型免許を取得している場合。 教習時間学科2時間と終了審査
実技1.5時間と終了審査
 ※1日
※通常は、通常の教習日程にあわせ2時間の学科教習(午前8時からの場合は13時から時間))と翌日等
に開催される実技の日程を終了していただくことになります。
1級や2級免許取得者を対象にした特別日程が組まれているコースでは1日で取得できます。
特殊小型船舶免許取得費用 免除 コース費用(教材等含む) 67,000

2級または1級をすでに取得されている方は  60,000円

(お一人のみで特別の日程をご希望の方は 67,000円となります。)

特殊小型と2級小型をセットでお申し込みいただくと費用は 170,000円(20,000円安く)にさせていただきます。

特殊小型と1級小型をセットでお申し込みいただくと費用は 200,000円(19,000円安く)にさせていただきます

免許取得までの流れ

特殊小型免除コース

Aコース(1日目6時間) Bコース(1日目2時間)
1日目 9時~ 学課6時間講習
学課修了審査
18時~ 学課2時間講習
2日目 午前又は午後 実技講習
実技終了審査
2日目 8時~ 学課4時間講習
学課修了審査
午後実技講習
実技終了審査
修了後、約2週間で免許証が届きます

教習日程

教習は、学科1日と実技半日の1日半で取得出来ます。
終了審査は学科・実技とも教習終了後に行います 。
教習日程は、連続でなくても都合の良い日を選ぶことが出来ます。下記日程以外に、日曜と1週間後の日曜の組合わせも可能です。お気軽にご提案下さい。

教習場所は学科・実技とも弥富市で行います。

計画は、受講者の皆さんのご希望で変更することがあります。必ずお電話でお確かめ下さい。

2017年 8月 2017年 9月 2017年 10月
1日目   2日目 1日目   2日目 1日目   2日目
1日(金) 2日() 1日() 2日(月)
2日() 3日() 2日(月) 3日(火)
3日(水) 4日(木) 3日()  4日(月)
4日(木) 5日(金) 4日(月) 5日(火)
5日(金)  6日() 5日(木) 6日(金)
6日() 7日() 6日(金) 7日()
7日() 8日(月) 7日(木) 8日(金) 7日()  8日()
8日(月)  9日(火) 8日(金) 9日() 8日() 9日(月)
9日() 10日() 9日(月) 10日(火)
10日() 11日() 10日(火) 11日(水)
11日() 12日() 11日(月) 12日(火)
12日() 13日() 12日(火) 13日(水)
13日() 14日(月) 13日(金) 14日()
14日(月) 15日(火) 14日() 15日()
15日(火) 16日(水) 15日(金) 16日() 15日() 16日(月)
16日() 17日()
17日() 18日(月)
18日(金) 19日() 18日(月) 19日(火) 18日(水) 19日(木)
19日() 20日() 19日(木) 20日(金)
20日() 21日(月) 20日(金) 21日()
 21日(月) 22日(火) 21日(木) 22日(金) 21日() 22日()
22日(金) 23日()  22日() 23日(月)
23日() 24日(日)
24日(木) 25日(金)  24日() 25日(月)
25日(金) 26日() 25日(月) 26日(火) 25日(水) 26日(木)
26日() 27日() 26日(火) 27日(水) 26日(木) 27日(金)
27日() 28日(月) 27日(金) 28日()
28日(月) 29日(火) 28日() 29日()
29日(金) 30日()  29日() 30日(月)
23日() 10/1日()

上記日程以外でも、複数のお申し込みがあればご希望の日程で行います。遠慮なくご希望の日程をご提案ください。

ご予約お申し込みの手順

  1.  日程表を参考に、受講希望日を決めてください。
  2.  希望日が決まりましたら、お電話・WEBにてご予約ください。
  3.  受講必要書類を揃えていただき、郵送もしくは直接Jメイトへお持ちください。必要書類はこちら
  4.  受講必要書類・受講料入金確認後、教材を郵送いたします。
    (事務所での申し込みの場合は手渡しとなります)

受講必要書類・入金の手続きは、教習開始7日前までにお済ませください。

5日前までに書類・入金の確認がとれない場合、
受験コースの場合は、試験申請に間に合いませんから教習にご参加いただけませんのでご了承ください。
免除コースは、必要書類等が遅れた場合でも教習はお受けになることはできますが、免許証の発行が遅くなります。

身体適正基準

各種免許を取得するには、以下の身体適正基準を満たしている必要があります。疾病や障害のある方は事前にご相談ください。

視力 左右共に0.5以上。一眼が0.6未満の場合は、他眼の視力が0.6以上かつ視野が150度以上あること。(メガネ等、矯正可)
弁色力 夜間において船舶の灯火の色が識別できること。
聴力 5mの距離で、話声語の弁別ができること。(補聴器可)
疾病及び身体機能障害 軽症で小型船舶操縦士の業務に支障がないこと。

※色弱の方、身体に障害のある方は、事前にご相談下さい。

必要書類

必要書類はこちらのページをご覧ください。

お申し込みお問合せはこちら

 

アクセス

アクセスはこちらのページをご覧ください。

国家試験受験コース

特殊小型受験コース

国家試験を受験する必要がありますが、お安く免許を取得できます。

免許取得までの流れ

試験の約1~2週間前 実技講習 + 模擬テストを中心とした学科教習
↓ この間、自宅でも問題集の学習が必要
試験当日 各地の試験会場に試験を受けに行きます
合格発表は、試験日が日曜の場合は木曜の午後2時、翌週の月曜日には合格証明書が交付されます。
合格証明書が発行後、約1週間後に免許証が届きます。
特殊小型船舶免許取得費用 受験 コース費用(教材等含む) 62,400

ご予約・お申し込みの手順はこちらから

身体的製基準と必要書類はこちらから